topへ戻る

アァ?( ´Д`)σ)Д`)ァゥァゥ 札幌のラーメンを中心に食べ物、生き物、車など…

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
山梨一人旅の二軒目は

間髪入れず

塩山館でございます♪


  • ジャンル : グルメ   スレッドテーマ : ラーメン
  • 数度トライするも定休日じゃないのに休みだったり

    やる気があるのか無いのかよく分からないお店。

    ちょうど昼時だったこともあり、店内はかなりの待ち客の数

    否が応でも期待が高まります。

    40分ほど待ってやっと席につけました。

    店員さんが客の入った順など把握している様子もなく

    かなりアバウトな感じ。

    とは言え、接客態度はとっても良好。

    食べるものは決まっていますが、とりあえずメニューを眺めます(笑)


    しまった!ほとんど中華屋だ!(_≧Д≦)ノ彡☆ばんばん

    これだけメニューがありますが、ほとんどの人は

    湯麺(タンメン)を注文しています。

    もちろんここまで来たのだから右に倣えでタンメンをいただきます。


    厨房はオープンキッチンで丸見え

    男性4~5人で役割担当を決め流れ作業です。

    よってロット作業なので、提供までにエライ時間がかかります。

    麺を見たときに二郎系の麺を想像しましたが…

    吉田のうどんのような粉っぽさにブニョっとした麺


    正直好みではありません。

    吉田のうどんは好きですが、これはちょっと…

    スープは普通にタンメン…

    ってか、なんでこんなに混んでるんだ!?

    と言う疑問と共に、これを食うためにこんなに待っていたのが

    馬鹿らしくなってきました。

    まぁ普通だな思うくらいで待ってまでは食べたくないなぁ

    これが一般的に支持を得ているタンメンらしいタンメンであるのならば

    自分はタンメンが嫌いなのかもしれない。

    でもこれより美味しいタンメンという食べ物を

    何度も食べたことがある。

    愛想の良い女性店員さんににこやかに会計を済ませて

    「わからん」とつぶやきながら店を出るのであった。















    管理者にだけ表示を許可する

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。